R18??小太朗太ももに迫る
小太朗が私の太ももをすご~く気にしています。
kota2342.jpg

実は私の足の間には、タッパーをはさんでいます。
中には前の日に缶詰を半分あげて残ったものを入れてます。
冷蔵庫に入れていたので、外に出して温度を戻そうとしていたのですが、小太朗に見つかってしまったため、隠す&早く温めようということで床暖&体温で温めることにしたのです。
pokemon_tapper.jpg

これがはさんでいたタッパーです。
中身は空なのですが、小太朗はうまうまが入ってると思ってよってきました。

運の悪いことに、はさむところを見つかってしまったため、小太朗はあの手この手で私に迫ります。
kota2343.jpg
ここにうまうまがあるのは知ってるんだ
kota2344.jpg
早く出せ~
kota2345.jpg
カシャカシャしてる暇があったら僕にうまうまください

だから~、まだぬくもってないけん冷たいよ~。

kota2346.jpg
僕は早く食べたいです。

kota2347.jpg
うまうま食べたいよ~

もうちょっとだけ待ってね~

ashi_kapu.gif
待てないから、こうだ~!!

痛いっ

ちょっとだけ皮が禿げました。(マウスを乗せると柔肌?の傷が・・・)


この攻防の間になんとか冷たくなくなったのであげました。
kota2350.jpg
僕の勝利だ!うまうま最高~!

最近、小太朗の食器を入れてある棚をあけると跳んできたり、うまうまを入れるタッパーを覚えたり知恵のついた小太朗。
小食でそんなにたくさん量を食べません。でも結晶が気になるので療法食はちゃんと食べてもらわないといけませんが、体重はもう少しあってもいいといわれてるので、うまくバランスを考えてご飯をあげたいと思います。
スポンサーサイト



.。*゚+.*.。 小太朗も出ている ゚+..。*゚+
「黒猫カレンダープロジェクト2017」
販売サイトはこちら!

黒猫カレンダー

★よろしければ温かい励ましをお願いします★
FC2Blog Ranking にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
web拍手 by FC2

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

[2011/01/08 13:19 ] | こたろう | コメント(6) | トラックバック(0)
<<小太朗が見るビデオ | ホーム | 嗚呼カーテン>>
コメント
体温で温めようとする、こたばあやさんがステキww

こんな必死な小太朗君を見たのは初めてかも?
うまうまなニオイ以外にも、魅惑の太腿が美味しそうだったのかしら~??
ふふ、柔肌、流血しなくてよかったわ^^v
[2011/01/08 14:55] | URL | ほんなあほな #- [ 編集 ]
こんにちは。
段々と小太朗も自我が強くなって来たんだね。
分かるよ。
だってさ、食べたいんだよ!
[2011/01/08 16:23] | URL | クリちゃんです #- [ 編集 ]
小太朗くん、必死~e-271こんなに頑張る小太朗くんもいるんですねぇ。それにしても、縦噛みは痛いですよねぇe-351
[2011/01/08 17:23] | URL | はっぴ~ #- [ 編集 ]
小太郎くん、ものすごく必死! 
うまうまはおいしいよね~!食べたいもんね~。
うちのコタも結晶ができやすいので、できるだけカリカリを与えて、水をいっぱい取るようにさせていますが、たまーにパッカン(と呼んでます)をあげると、大喜び。まさに缶を開ける音を聞きつけると、一階からでも飛んできますw
[2011/01/09 08:07] | URL | chicca #w7E8CPEA [ 編集 ]
キズが絶えないですよね~。

うまうまを取りたい仕草の小太郎くん、愛らしいです。
[2011/01/09 17:26] | URL | ゆめパパ #mQop/nM. [ 編集 ]
★☆お返事遅くなりました☆★

まとめてのコメントすみません。

ほんなさん、なんかこの傷あとからじわっと血が出てきて1ヶ月経った今でも少し後になってます(>_<)
chiccaさん、そうなんですよね~、缶詰を開ける音って、どこにいても聞きつけますよね。猫缶だったらいいけど私たちが食べる缶詰のときでも寄ってくるので、そのときはいつもあけるとき苦労します。
けっこうわがままで、頑固になってきた小太朗です。
[2011/02/03 16:06] | URL | こたばあや #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kuronekokotaro.blog89.fc2.com/tb.php/419-a9be4622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |